スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄のザジ

作品生誕50周年だとかなんだとかでザジがスクリーンに帰ってきてしまった。

この映画を観たことが無い人、あるいはこのすきっぱ・おかっぱ・ぱっぱらぱーの少女の笑顔が気になってしまった人に言っておく。

この映画はくそである。

いや。。。ごめん言い過ぎた。

斯く言う私はこの映画のDVDをしっかり持っている。
でも、これは持っているだけでよいのだ。

観てはいけない(笑)・・・ひたすら騒がしいしね。

なによりもレイモン・クノーの原作を見るべきだし、そっちの方が圧倒的に面白いからだ。

じゃぁこの映画はっていうと、DVDを持っておき、ちょっと飾っておくだけで良い(笑)

ジャケットとかカラフルでいいよね!
すきっぱ少女が何者か、ちょっと気になるよね!

・・・それでよいのである。(断言)

おしまい
地下鉄のザジ (中公文庫)
地下鉄のザジ (中公文庫)
  • 発売元: 中央公論新社
  • レーベル: 中央公論新社
  • スタジオ: 中央公論新社
  • メーカー: 中央公論新社
  • 価格: ¥ 740
  • 発売日: 1974/10
  • 売上ランキング: 79191

地下鉄のザジ [DVD]
地下鉄のザジ [DVD]
  • 発売元: カルチュア・パブリッシャーズ
  • レーベル: カルチュア・パブリッシャーズ
  • スタジオ: カルチュア・パブリッシャーズ
  • メーカー: カルチュア・パブリッシャーズ
  • 発売日: 1999/11/17
  • 売上ランキング: 24349

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

エティーの物語 - 観てきました!!

このブログでも何度か記事にしているエティーの物語


観てきましたよ~!!

まず、六本木の階段をあがったところで、大きな電飾広告があってビックリ。

そして、映画館に行ってさらにビックリ!!

なんと、お客さんは僕ら2人しかいなかったのです。

か…貸切ですか!?

興行収入とか、そんなとこ大丈夫なんでしょうか?

ちょっと心配になってしまいます。

でも、肝心の映画の内容は◎

まず「ミトン」「ママ」「LETTER-レター」は既に見たことがあったのですが、やっぱり「ミトン」は良いですね~!!

子供の時って、空想と現実の境があんまりなくって、色々想像したことが、あたかも現実の出来事のようだった、そんな懐かしい気持ちがよみがえってきます。

そして今回はじめて観る「こぶねのチージック」

これ、音楽がヤバイ!!

なんていうのでしょうか。

一言で言えば"ロシア的ブラジリアン・スキャット"

!?一言で言ってもよくわからんのですが(笑)

ともかく、音楽がヤバイです。

これ、いつ頃の映画なのかなぁ・・・?映画の内容はともかく、音楽にしびれましたよ。

次に、「ペンギン・スーのたからもの」ですが、これもヤバイ!

色々な意味でヤバイ!!

この映画は子供には絶対見せることができません。
はかないというのか、救いようがないというのか、ある種ラース・フォン・トリアーの映画を観ているような気持ちになったデスよ。

とにかく、衝撃的です。

そしてお待ちかね!!
「エティーの物語」ですが、見事期待にこたえてくれました。

60分あるストーリーの中から、ショート・ストーリーとして2本をカット・アップしたものが公開されたのですが、どちらも切なく、でも心温まる、そしてどこか「力(エナジー)」をもらえるような・・・そんな映画だったです。

映画自体の知名度が低いのかもしれませんが、まだ公開していますので、是非ご覧になってみてください!!

きっと忘れられない映画のひとつになるはずです!!
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

岩井俊二 - スワロウテイル

夏が終わり、秋が来た…。

そう感じる瞬間は、毎年のように必ず有って、
それは例えば今日のように、今までの暑さが急に無くなり、
雨が降ったり、あるいは風がいつもより強かったりするような、
そんな日だったりするのだろう。

11年前…。

スワロウテイルが劇場で公開されたその年の夏は、たぶん今までで一番熱い夏であった。

僕にとって言えば、セカンド・サマー・オブ・ラブの再来であり、また、かけがえのない瞬間の連続であった。

そこに「存在していた」という強い感覚は、おそらくこれからの人生を含めても、二度と感じ得るものではないだろうし、またそれが「終わったのだ」と感じた時の、その喪失感もまた、二度と感じ得るものではないのだろう。

この映画を見ると、僕はいつもその夏のことを思い出す。

様々な記憶と共に…。
スワロウテイル 特別版
スワロウテイル 特別版
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • レーベル: ポニーキャニオン
  • スタジオ: ポニーキャニオン
  • メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2000/11/15
  • 売上ランキング: 10631

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

エティーの物語公開決定!!

以前このブログでも話題にしたエティーの物語ですが、「he-artCinema」ハートシネマのサイトでも既に告知されているように、10/13(土)よりシネマート六本木とシネマート心斎橋にて上映が決定されました!


しかもエティーの物語だけでなく、「ミトン」、「こぶねのチージック」、「ママ」、「ペンギン・スーのたからもの」、「LETTER-レター」との同時上映です!!

なんともまた、豪華すぎる特別上映会になりましたね!!

クリスマスに向けて名古屋/博多/札幌/仙台/広島などなど順次公開していくようなので、六本木あるいは心斎橋は遠い!という方もしばらくお待ちくださいませ。

ちなみに前売りのチケットには缶バッチが付いているそうです。
ドキドキ…
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

TAMALA ON PARADE

TAMALA ON PARADEがリリースされるまで、あと1週間ちょっとになりました。

実は、TAMALA 2010は何度も観てしまうほどお気に入りだったのです。
何が良いっていうわけでないんですけど、だからこそ何も考えずにBGM的にかけていられる作品という感じで。

まぁ簡単に言えば、TAMALAのかわいさにやられてしまったわけなのです。

…そんなこんなで、来る2007/08/20(月)に「TAMALA ON PARADE 発売記念イベント」が開催される模様です。

場所は渋谷のQ-AXシネマで、21:00開場、21:15開演。

なんと来場者全員にタマラフィギュア(非売品)をプレゼントらしいです!!

ううう…欲しい。
でも他に予定があって行けない…。

下記、ウェブサイトにて申し込みを受付けているらしいので、行ける方はどうぞ覗いてみて下さい!
●TSUTAYA online
http://lx03.www.tsutaya.co.jp/tol/news/index.pl?c=present&c2=present&artid=206
●シネマカミングスーン
http://www.cs-tv.net/t/P000000/&page=1
●eiga.com
http://eiga.com/free/show/67
TAMALA ON PARADE (by t.o.L)
TAMALA ON PARADE (by t.o.L)
  • 発売元: video maker(VC/DAS)(D)
  • レーベル: video maker(VC/DAS)(D)
  • スタジオ: video maker(VC/DAS)(D)
  • メーカー: video maker(VC/DAS)(D)
  • 価格: ¥ 3,701 (25% OFF)
  • 発売日: 2007/08/24
  • 売上ランキング: 2113

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。