スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマリスのうた

アマリリス

木の実食べるのシマリス君

だけど思えば

僕もシマリス


読み人:あとみこ

【解説】

アマリリスはシマリスに対する枕詞であり、
熱帯アメリカの暑い日ざしを想像させる夏の季語。

シマリス君は木の実を好んで食べるのだなぁ・・・
と感慨深げに眺めていたら、
自分もシマリスであったということに気がつき
唖然とするシマリスの姿が哀愁を誘う。

5・7・6・7・7という字余りのうたながらも、
心地よい響きが耳に残る、あとみこ晩年の名作。

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。