FC2ブログ

よるくまクリスマスのまえのよる

「よるくまクリスマスのまえのよる」という絵本作品をご存知でしょうか?

酒井駒子というフリーのイラストレーターが描いたシリーズの第二作目で、発売されたのは2000年だから、今から7年前のこと。

最近本屋さんで見つけて、手にとって一目で気に入ってしまった作品です。

わるい子にはサンタさんが来ないのでしょうか?

いや、でもよるくまがいるなら・・・。

よるくまの無邪気なかわいさと、子供の頃の懐かしくあいまいな記憶に、気が付くとほろりとさせられてしまう作品です。

本屋さんで見かけたら、是非一度ご覧になってみてください。

この時期にぴったりの一冊ですよ!
よるくまクリスマスのまえのよる
よるくまクリスマスのまえのよる
  • 発売元: 白泉社
  • レーベル: 白泉社
  • スタジオ: 白泉社
  • メーカー: 白泉社
  • 価格: ¥ 1,050
  • 発売日: 2000/10
  • 売上ランキング: 119

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト



森美術館 - 六本木クロッシング2007 - 行ってきました!(PT2)

さて、その六本木クロッシングにてできやよいの展示スペースがあったのだが、その中で"Tobu(飛ぶ)"というタイトルの作品が2作品展示されていた。


どちらもフィンガープリントと細筆を使った、いつも通りのサイケデリックで微細な作品なのだが、その内の一枚に、テイトウワと思しきキャラクターが描かれていた。

二人のつながりって一体なんだろうかと想像してみるものの、なかなか思いつかない。

単にエネルギーのある人間の一人としてモチーフに用いたのであろうか?

いずれにしても、今回のできやよいの出品作の中では、この"Tobu(飛ぶ)"が白眉と言えるような出来であったのは間違いない。
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!