スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fawn - Bless

1995年にリリースされたLFOのマーク・ベルによるFawn名義の唯一の作品。
このシングルの最後のトラックであるBlessは、まったくもって素晴らしい出来である。

当時はこの曲ばっか何度も聴いていた。
ひねり出すような、うねりを帯びたリズムと渾然一体となったアシッドライン。

これはテクノである。
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

Bob Jaroc & Plaid - Greedy Baby

2000年以降あまり新譜を聴かなくなってしまっていて、それで2006年にリリースされたこのPlaidのアルバムも今更ながらに購入。

早速聴いてみているのだけど、あまりナンともおもろないというか、どうでもいいような音楽ですな。


ところどころに「ああPlaidだなー」と思うところはあっても、それが良いというわけでもなく(「惜しい!」感じの曲はあったのだが・・・)、2006年の作品を今聴いているからというわけではないだろうが「今更感」がぬぐえない。

彼らが90年代半ばに作ってた曲の方が全然いいからね。
がっくし。
Greedy Baby
Greedy Baby
  • アーチスト: Plaid
  • 発売元: Warp
  • レーベル: Warp
  • スタジオ: Warp
  • メーカー: Warp
  • 価格: ¥ 2,574
  • 発売日: 2006/07/11
  • 売上ランキング: 383065

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

急性咽頭炎だか急性扁桃炎だか口蓋垂炎だか(PT2)

点滴が終わり、家に帰り、その日は一日寝た。

・・・次の日。ほとんど声が出ない。

喉を鏡で見てみると赤くはれていて、喉チンコが下の上に乗っかってくる。
息もしづらいし、とにかくいたい。

今度は違う病院に行って、きちんとした薬をもらう。

結局38度くらいの熱が3日間続き、熱は下がった。
でもまだ喉は赤く、腫れていて、声が出ない。

症状が出てから4日目の夜を迎えるのである。。。
あうう。。。
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

急性咽頭炎だか急性扁桃炎だか口蓋垂炎だか(PT1)

ようわからんのだけど、今週水曜日の早朝4時、具合の悪さを感じて目を覚まし、トイレに行ったのだ。

のどが痛いとはそのときは思わなかった。

おなかが張っているようなそんな感じを受けてトイレにいったのだ。

特に何も出ない、が、だんだん血の気が引いてくる。

そして倒れた・・・身体の中にあった食べ物はすべて数十回に分けて吐きに吐いた。

ふらふらとベッドに戻り体温を測る。まだ36度。
しかし身体の震えが止まらない。どころかどんどんとひどくなってくるので、仕方なくピーポーを呼んだ。

ピーポーが来た時点で熱が38度。
意識は朦朧としており、急患で運べるのが外科しかないらしく、そこに連れて行かれる。
点滴治療を受けながら熱は39度を超える。

喉が痛い。

そう訴えかけたのだったが、病院の先生は「なるほど。なるほど。」と言いながら、眠たそうに帰っていったのであった。

・・・続く・・・

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

kobito no kuni - 竹村延和(Nobukazu Takemura)

簡単に言えば、竹村延和が90年代に残した作品の没テイク集。
全く以って買う必要なし。

彼の90年代の作品が、好きな人であっても。。。
Kobito no kuni
  • アーチスト: 竹村延和
  • 発売元: インディーズ・メーカー
  • レーベル: インディーズ・メーカー
  • スタジオ: インディーズ・メーカー
  • メーカー: インディーズ・メーカー
  • 価格: ¥ 2,494 (5% OFF)
  • 発売日: 2007/12/21
  • 売上ランキング: 87269

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。