スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gregory Freckner Quintet - Juicy Jazz Girls (jade gates mixed in the bubble by Plaid)

以前のエントリーでも触れましたが、Plaidの曲の中でも最も面白いリミックスに仕上がっています。

当時はまだブロークン・ビーツといった言葉はなく、あくまでポスト・テクノ・ミュージックとして、あるいはブレイク・ビーツ・テクノが再評価される中で(これは後のHeadzもののブームやDrum & Bassの流行につながっていくのですが・・・)、ひときわ輝いた印象を与えました。

Plaidの名前は、その後一躍有名になり、それこそビョ―クのツアー・メンバーとしての活躍や、最近では松本大洋原作の映画「鉄コン筋クリート」でサントラを依頼されるなど、日本でもポピュラーなアーティストの一人だと思います。

余談ですが、Plaidがかつて在籍していたThe Black Dogの過去の作品集が今年リリースされています。

ケン・ダウニー(Ken Downie)が絡むと、エスニックなテイストが加味されるというか、Plaidとの違いを聞き分けるのも面白いでしょう。

またタイトルにあげた曲を聴くなら、Plaidのリミックス集であるParts in the Postが購入しやすくお勧めです。
※この記事は2007/5/19に配信したものに、Youtube、Amazonのリンクを更新して再配信するものです。
Book of Dogma
Book of Dogma
  • アーチスト: The Black Dog
  • 発売元: Soma
  • レーベル: Soma
  • スタジオ: Soma
  • メーカー: Soma
  • 価格: ¥ 2,568
  • 発売日: 2007/03/20
  • 売上ランキング: 59289

Parts in the Post
Parts in the Post
  • アーチスト: Plaid
  • 発売元: Peacefrog
  • レーベル: Peacefrog
  • スタジオ: Peacefrog
  • メーカー: Peacefrog
  • 発売日: 2006/11/13
  • 売上ランキング: 428700

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

Cornelius and Yann Tomita - YEBISU THE HOP

去年の春はこれ飲んでた。

今年の秋は超長期熟成2009年限定醸造のエビス、のんでるです。

秋らしい深い味わいで、うまいよ!
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

iTunesの昔のバージョンをダウンロード

・・・するためには、OLD Appsに行ってみてください。

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

太田光の四コマ劇場 ゴルゴ13

ゴルゴ13といえば、僕の目標であり(笑)、真のプロフェッショナル。
男の中の男である。

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

バーチャル・ドラム - KORG WAVEDRUM (コルグ ウェーブドラム)

ちょっと欲しいかも。

やっぱMPCみたいにちっこいパッドをたたくのって無理あるし(すげぇうまいヤツはいるけどさ)、こういった楽器が欲しくなる。

ただ、たたいているだけでも楽しめそうだしね!

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Youtubeの動画が止まる、そんなあなたに(SpeedBit Video Accelerator)

SpeedBit Video Acceleratorがお勧めです。

これ、フリーソフトなんだけど、入れて常駐させておくだけで、Youtubeなどのストリーミング再生時に、動画の再生が止まらないように勝手にお仕事してくれる便利なヤツなのです。

インストールは簡単なので迷うところは無いはず。

効果は抜群!

入れてないのと、入れているのでは雲泥の差です。
是非お試しくだされ。。。
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Marcos Valle - Mentira

最初に買ったマルコスのアルバムがこの曲が入っている水ジャケだった。

まるでブートレグのように盤質の悪い、再発のレコードだった。

たぶん今でも水ジャケがマルコスのアルバムの中で一番好きだ。

雨の日に聞くのに最高の一枚だ。

だって水ジャけだもの。

※この記事は2008/9/28に配信したものにYoutubeのリンクを更新したものです。

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Blossom Dearie - How Do Say Auf Wiedersehn?

雨、ですなー。。。

ほんとはこのアルバム(1975)の1曲目である、I'm Hipを探したのですが、Youtubeにはなかった。。。残念。

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Blossom Dearie - I like london in the rain

雨、ですなー。。。

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

産総研ロボットHRP-4C 未夢(ミーム)

きもい。。。つか、怖い(汗)

・・・が、そのうちオフィスの受付嬢みたいに、動かないである程度の定型業務をやっているような職業は、ロボットに置き換わるんだろうな。

実際、誰もいない受付でコンピュータのモニタがあるだけってところもあるけど、それだと味気ないからね。



<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Aphex Twin - Alberto Balsalm

今から12年前、私が大学に入学したその年にリリースされたアルバム「... I Care Because You Do」から、一番のお気に入りであるAlberto Balsalmを取り上げます。

当時は、今日みたいに雨が降り続く毎日で、大学の美術サークルに所属していた私は、通学途中に渋谷のDISK UNIONや、今は無きCISCOテクノ店によって、そこで買ったCDを聴きながら、毎日のようにアトリエでまったりと時間を過ごしていました。

このCDには、いや、この曲にはその当時の思い出がぎっしりと詰まっています。

個人的な感傷を抜きにしても、あるいは彼がその後作った曲と比較しても、この曲はかなり完成度が高いと思います。

エイフェックス・ツインは、元々テクノと呼ばれた音楽にカテゴリーされるアーティストですが、彼の楽曲は牧歌的な曲調のものと、アシッドテイストのものの二つに大別されます。

今も昔も、基本的にはそれは変わっていません。

この作品は、彼の牧歌的な曲を代表する一曲であると言っても過言ではないと思います。

惜しむらくは、あまり録音状態がよろしくないことと、次の曲につながる形でCDに収録されてしまっていることくらいでしょうか。

でもそこはそれ。なんでしたら次の曲にかぶさる部分をカットした上で、薄めのエコーをかけて微妙にヴォリュームを調整し、リマスタリングしてしまえばいいんです!
(・・・そうしたVersionをiTunesに入れて聴いてます。欲しい人はコメント欄で希望してみてください。)

雨の日に聴きたくなるような曲、と思うのは、これを聴いていた頃に雨ばかり、降っていたからなんでしょうか・・・?

まだ聴いたことが無い方は是非聞いてみてください!

※この記事は2007/5/12に配信したものに加筆、Youtubeのリンクを加えて再配信するものです。
I Care Because You Do
I Care Because You Do
  • アーチスト: Aphex Twin
  • 発売元: Warp
  • レーベル: Warp
  • スタジオ: Warp
  • メーカー: Warp
  • 価格: ¥ 1,249 (5% OFF)
  • 発売日: 1995/04/21
  • 売上ランキング: 5990

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Sahib Shihab and The Danish Radio Jazz Group - Harvey's Tune

街の温度が下がることと反比例するように、静かに輝きを増すクリスマスツリーの装飾。

吐く息が少し白いのを感じると、聴きたい音楽は・・・そう、やはりウォーミーな奴だ。

軽快なオルガン?

「NO! NO! NO! NO! NO!」

神秘的なハプシコード?

「NO! NO! NO! NO! NO!」

透き通るようなヴィブラフォン?

「NO! NO! NO! NO! NO!」

・・・も・・・もしかして・・・フルートですかーッ!? 

「YES! YES! YES!」(OH MY GOD ・・・)

ブブゥブゥブゥブブゥブゥブゥブブゥブゥブブゥブゥブゥ!!!ブゥ!!!!!!!!!

▲ ブギャーッ

OK!そんな貴方にはこの曲しかないだろう。

フルートの音がなんとも暖かい・・・

あのおじさん(Sahib Shihab)が、真面目に吹いてるのにびっくりしないでくれよ。

1分40秒待ってくれたまえ。

・・・まったく・・・ありえないよねぇ・・・。ブブゥブゥブゥウゥゥ!!!

※この記事は2006/12/18に配信したものに、Youtubeのリンクを載せ、再配信したものです。
Sahib Shihab and the Danish Radio Jazz Group
Sahib Shihab and the Danish Radio Jazz Group
  • アーチスト: Danish Radio Jazz Orchestra
  • 発売元: Storyville Films
  • レーベル: Storyville Films
  • スタジオ: Storyville Films
  • メーカー: Storyville Films
  • 価格: ¥ 1,706
  • 発売日: 2008/04/29
  • 売上ランキング: 151583

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Yusef Lateef - Love Theme From Spartacus

秋から冬にかけて、いつもこればっか聴いてる。

そっと囁くように、静かに躍動するBarry HarrisのPianoイントロからして、部屋の温度を3℃下げるのに充分。

心に染入るように響く、Yusef Lateefのoboeが絡んできた頃には、おそらく今が夏だとしても、全ての木々の葉は枯れ落ち、燦燦と輝いていたはずの太陽も東に沈むであろう。

・・・東?

だとすると、私は何時の間にか、金星に来てしまったようだ。

体重が9%減る、ダイエットには最適の、そんな音楽だよ。

※この記事は2006/12/16に書いたものに、Youtubeのリンクを載せ、再配信したものです。
Eastern Sounds
Eastern Sounds
  • アーチスト: Yusef Lateef
  • 発売元: Prestige/OJC
  • レーベル: Prestige/OJC
  • スタジオ: Prestige/OJC
  • メーカー: Prestige/OJC
  • 価格: ¥ 1,522
  • 発売日: 2006/07/18
  • 売上ランキング: 15318

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

John Thomas & Lifeforce - Promontory

以前記事に書きましたが、John Thomas、スバラしぃですね!

Promontoryは3000 Worldsというアルバムの最後を飾る曲なのですが、本当に素晴らしいヨーロピアン・フュージョン(ブラジル風味)。

長いドラムソロを抜けたその先に広がる世界たるや、震えるぜハート!って感じです。

もうこればっか聴いてマス。

Devil Dance(こっちは視聴できます)ともども、聴いたことが無い人は是非是非探してみてください。

マストォォオォ!!
3000 Worlds
3000 Worlds
  • アーチスト: John Thomas & Lifeforce
  • 発売元: Nabel
  • レーベル: Nabel
  • スタジオ: Nabel
  • メーカー: Nabel
  • 価格: ¥ 3,588
  • 発売日: 1994/11/19
  • 売上ランキング: 358519

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Starcrost (SAME)

昔イベントやっていたときにメンバーがかけていた曲で思い出深いものが何曲かあるのだけど、これもそのひとつ。

確かTower Recordsだけで2006年にリイシューされてた記憶で、Amazonのリンクはあっているのか自信なし(僕が持っている盤とは型番が異なる)。


Starcrost
  • アーチスト: Starcrost
  • 価格: ¥ 2,028
  • 発売日: 2009/05/26
  • 売上ランキング: 9978

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Harold Butler - Africa On My Mind

これまたWater Lilyからリリースされたアルバム。

やはり参加メンバーがすごいのだが、詳しくはこちらをご参照のこと。

















3曲目のSouth Africaがやばい。
イントロの物々しさ。そして途中で腰砕けるアフリカンっぷりが笑える。
(視聴はイントロだけしか聞けないけど。。。)

これまたマスト・ジャー!!!!
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

リバース・サザエさん

サザエさん逆回転バージョン。18禁です(笑)

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

アシッド・サザエさん

サイケデリックなサザエさんです。
元気があるときに観てください。具合が悪くなっても知りません。。。

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Cedric Im Brooks - United Africa

セドリック・イム・ブルックスの中でも最も渋いジャケット。
曲ももちろん渋い。

ショコラと並べておくと気絶しそうになる。

このアルバムを含め、Water Lilyからリリースされたアルバム群は、ジャマイカン・ルーツ・インストものを語る上で絶対に欠かすことが出来ないものばかりだ。

















1曲目のSatta Masa Gannaはルーツ・クラシックだが、僕はこれがベストだと思ってる。

2曲目のUnited Africaは、こういうアフリカものの、ある種の軽さが好きな僕には「そうだよねー」とうなずきたくなる大好きな曲。

つーか、参加ミュージシャンがジャマイカン・オール・スターズってな感じで、ベースにはTony Allen, Boris Gardiner!ギターはErnest Ranglin!サックスは本人。トロンボーンはJoe McCormakでしょ。ピアノはHarold Butlerでしょ。ソプラノはDean Fraserじゃないですか。

詳しくはこちらをご参照のこと。

マスト・ジャー!!!!
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

chocolat(ショコラ)- like a starberry

ショコラだけでなくSupercarの古川美季がPVに出てるんだけど、CDにはクレジットないのね。

それで、CDのはなんかバージョン違うように聞こえるのよ。

これは何?特別製?気のせい?

※PCのスピーカーから聞いていたせいで、気のせいみたい。。。

・・・ときどきこういうのが聴きたくなるのよね。疲れてくると(笑)

Twinkle Starberry
Twinkle Starberry
  • アーチスト: ショコラ
  • 発売元: エピックレコードジャパン
  • レーベル: エピックレコードジャパン
  • スタジオ: エピックレコードジャパン
  • メーカー: エピックレコードジャパン
  • 発売日: 1997/11/01
  • 売上ランキング: 76075

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Warp20 - Recreated

老舗エレクトロニック・ミュージック・レーベルであるWARPの20周年記念アルバム。
過去にリリースされたWARPのアーティストの楽曲を、これまた他のWARPのアーティストが再構築したものである。

これと同時にChosenという記念アルバムもリリースされております。

うーん。20年かー。

僕が最初にWARPレーベルのことを知ったのが、確か1994年頃のことだから、15年前。
あっという間ですなー。

その間、僕の音楽的な嗜好性も変わり、またWARPの音楽的な志向性も変わっていったので、しばらく付き合いがなかったのだけど、今のWARPの音作りってこんな感じなのかーと思った次第です。

レーベルが生き残って行くために色々模索していくのはまぁ当然のことで、でも僕にとってWARPのクラシックはAphex TwinのSAWⅡと、Black DogのBytes。それはずっと変わらない。

実際、WARPのOwnerであるスティーブ・ベケットも、上記2作品をWARPの功績として挙げているくらいだからね。

さて、2枚組のこのアルバム。
個人的にはさらに厳選して1枚に編集すれば良かったのに・・・と思ってしまったのだけど、その中でも気になった曲を数曲取り上げます。

まずPivotのFool In RainのDiamond Watch Wristsによるリコンストラクト・バージョン。

Pivotってのはオーストラリアのエクスペリメンタル・バンドらしく、Diamond Watch Wristsってのは、、、ああ、スコット・ヘレンなのね。知らなかった。

スコット・ヘレンはPrefuse 73やSavath & Savalasとして日本でも有名だよね!

音響~アンビエント、そしてフォークトロニカが好きな人には心地よく聴こえるのではないでしょうか。
ライナーノーツによると原曲はインスト曲らしいのですが、これはボーカルとコーラスが入ってます。

次にJimi TenorのPaint The StarsのHudson Mohawke ft. Wednesday Niteによるリコンストラクト・バージョン。

Hudson Mohawkeは最近話題になってるアーティストでMySpaceはこちら

これもまた、なかなか良い音響に仕上がってます。

CD2枚目に移って、Black DogのBytesから3/4 HeartをMark Pritchardがリコンストラクト。
うーん。おしいね。これをさらにリコンストラクトすればモット良い曲ができそうだ。

後は、Boards Of CanadaのIn A Beautiful Place Out In The CountryのMira Calixによるリコンストラクト、あるいはKaini IndustriesのBibioによるリコンストラクトもなかなか良かった。

さっきも書いたけど、2枚組みってのはボリューム的にも重たいし、申し訳ないが捨て曲もあるので、期待よりちょいとがっかりしたのだけど、でも十分に満足できた作品でした。
Warp20[Recreated](リクリエイテッド)
Warp20[Recreated](リクリエイテッド)
  • アーチスト: オムニバス
  • 発売元: WARP RECORDS / BEAT RECORDS
  • レーベル: WARP RECORDS / BEAT RECORDS
  • スタジオ: WARP RECORDS / BEAT RECORDS
  • メーカー: WARP RECORDS / BEAT RECORDS
  • 価格: ¥ 2,400
  • 発売日: 2009/09/16
  • 売上ランキング: 54379

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Julinho - O Som do Julinho

ジュリーニョことジュリオ・バルボサの69年録音作。

同じくequipeからリリースされたデオダートのTremendaoあたり(64年録音)と似た空気を持つアルバム。

向こうはエレピでこっちはトランペットがメインだけど。

ライトテンポなイージーリスニング・ボッサで、こういったものを冬に聞くと気持ちが暖まってよい。

5曲目のCaminhandoが白眉。
視聴はこちらから・・・
オ・ソン・ド・ジュリーニョ
オ・ソン・ド・ジュリーニョ
  • アーチスト: ジュリーニョ
  • 発売元: ヴィヴィッド
  • レーベル: ヴィヴィッド
  • スタジオ: ヴィヴィッド
  • メーカー: ヴィヴィッド
  • 価格: ¥ 2,494 (5% OFF)
  • 発売日: 2003/07/18
  • 売上ランキング: 551599

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

9/11の陰謀 - Loose Change Japanese nihongo 911

一時間強でちょっと長いけど、見たこと無い人は是非。

未だにアレがテロだった、なんて思ってないよね?

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。