スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rosas - Fase, the film

確か2005年、東京都写真美術館で開催された『ROSAS XXV ローザスとアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルの25年』展を見にいったのがそもそものきっかけ。

最初はローザスに興味を持ったというよりは、音楽をあのスティーブ・ライヒがやっている、というところに興味を持ったのです。

今から考えれば、そのアプローチはちょっと間違っていて、逆にスティーブ・ライヒの音楽にあわせて踊るのがこの作品と表現するべきなのですが、ともかく、一度見て衝撃を受けました。

ミニマルな音楽とミニマルなダンス。

そして秀逸なカメラワーク。

まるで倒錯する影絵を見ているような、ストイックで、幻想的なダンスが、繰り返し、繰り返し、繰り返し・・・終わることのない物語を紡ぎ出します。

一瞬で、この作品のとりこになり、そしてこのDVDを迷わず購入しました。

アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルの振り付けもさることながら、この世界観を演出する上で、ディレクターのティエリー・ドゥ・メイの存在はかかすことができないでしょう。

彼はカメラを持つだけでなく、音楽もつくり、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルの表現を拡張し、これ以上無いクォリティまで高めます。

もちろん音楽はこの作品の場合スティーブ・ライヒが参加していることが大きな話題であり、僕がそこからローザスを知ったように、彼の音楽が果たしている役割も大きいのですが、仮にスティーブ・ライヒがいなかったとしても、ローザスは成り立つが、ティエリー・ドゥ・メイがいなければローザスは(少なくとも映像作品としてのローザスは)成り立たない、そう言っても過言ではないと思います。

そして逆説的な言い回しになりますが、ティエリー・ドゥ・メイが音楽をやらないのであれば、唯一それをやってのけることが出来るのが、スティーブ・ライヒ、なのではないでしょうか。

所謂バレエが好き、という万人にお勧めできる作品ではありませんが、ストイックなダンスが好き(・・・そんな人っているのか?)、あるいはミニマルな音楽が好きで、この作品を観たことのない方は是非みてみてください!

きっと鳥肌が立つほど、感動するはずです!!

※この記事は2007/06/19に配信したものに加筆し、再配信したものです。
Rosas - Fase, the film
Rosas - Fase, the film
  • アーチスト: ティエリー・ドゥ・メイ Thierry De Mey
  • 発売元: Image Forum
  • レーベル: Image Forum
  • スタジオ: Image Forum
  • メーカー: Image Forum
  • 発売日: 2002年

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/102-dc9b21fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。