スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Kenny Clarke Francy Boland Big Band - Un Grão de Areia

il pensiero è sempre un grano di sabbia nell'ingranaggio del potere
- 権力という機械において思想は常に一粒の砂である -
(Bruno Arpaia)

Bruno Arpaiaは、スペイン・ラテンアメリカ関連のエディター/翻訳家です。

彼は、今まで4冊の小説を出版しており、"The Angel of History"という作品は、Campiello Prizeを受賞しています。

この曲には、「たった一粒の砂」であっても、
強力なうねりを伴って大きな力を持つことがある、
そんな雰囲気を感じたので、引用しました。

さて、ともかくも、素晴らしい曲です。

全てのパートが奇跡的なクオリティで融合しており、
何度聴いてもうならされる、そして間違いなく"熱くなれる"、
そんな曲です。

ラテン・ジャズというと、どうしてもパーカッションが軽く感じられて、
正直あまり好きではなかったのですが、この曲は別。

全く以って素晴らしい!

□アルバム"Latin Kaleidoscope"収録
Amazonでこの曲が収録されているコンピレーションTalkin' Jazz, Vol. 3が売っています
Talkin' Jazz, Vol. 3
Talkin' Jazz, Vol. 3
  • アーチスト: Various Artists
  • 発売元: Talkin Loud
  • レーベル: Talkin Loud
  • スタジオ: Talkin Loud
  • メーカー: Talkin Loud
  • 発売日: 1997/07/01
  • 売上ランキング: 475918

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/16-cd32cdee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。