スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中フミヤ with 石野卓球 - 伝説のパーティー

まさか、そこに店があるとは思ってもみなかった。

手に入れたフライヤーの地図を元に、そこと思しき場所に行ってみたものの、
どうにも店があるようには思えなかったのだ。

隣には謎のおもちゃ屋さんがある。

僕は意を決して、そのおもちゃ屋さんの店員に聞いてみた。

「このお店を探しているんですけど…」

すると、その店員はヤヴァぃことでも聞かれてしまったかのように、身をかがめ、そして小声で僕に囁いた。

「その階段を降りていきな!」

階段!?

確かに、おもちゃ屋さんの左隣には地下へと続く階段があった。

僕は「覚悟」を決めて階段を降りていった。

そう。

僕は「その先で見たものを」ここに書く、まさにそのために、この記事を書いているのだ。

いた…。

紛れもない。…DJブースには田中フミヤがいた…。

そして謎の歌謡曲が流れているダンスフロアーは既に最高潮をむかえていた。

よく見ると田中フミヤが操作しているのはターンテーブルとか、DJミキサーとかいった、ちゃちなものではなかった。

頭がどうにかなりそうだった。

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったのだ。

そう。

それは、流しそうめんのミキシング・コンソールだったのだ!!

彼…田中フミヤはフェーダーの微妙な操作で左右の流しそうめんの「具材」をコントロールし、またピッチコントローラーで以って、それが流れる速さをコントロールしていたのだ。

そして!

そして…、その先には、あの石野卓球が全裸で口を開けて待ち構えているではないか!!

まさに地獄絵図。

僕はあっけにとられながら、それでもなんとか、流れる歌謡曲にあわせて踊り始めた。

意識が遠のいていくのを感じた…。
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/217-36d40a1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。