スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEBサイトでの音楽配信⑪ - 引用 -

Wikipediaの記事によると、引用とは、「報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録すること」とあります。

また著作権法32条に記載のとおり、「公正な慣行に合致」かつ「報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内」でのみ著作者の承諾を得ずに引用することができるとあります。

引用はあくまで引用ですので、それ自体独立した形で用いることはできません。
引用先との主従関係がなりたつことが必要で、引用部分が明確にわかるようにすることや、引用元の明記なども必要になってきます。

次の例の場合は引用と言えるのでしょうか?

(例)WEBサイトで他人の楽曲の全てを公開し、それに関する記事を書く場合。

「引用する場合は一部でなければならない」為、答えはNOとなるはずです。

それでは、次の例の場合は引用と言えるのでしょうか?

(例)WEBサイトで他人の楽曲の一部を公開し、それに関する記事を書く場合。

この場合は「楽曲の一部の使い方」と「記事の内容」によっては引用と認められるはずです。引用にはいわゆる「紹介」というのも含まれますので、楽曲のサンプルを公開したり、あるいは「ここのベースラインは○○である。」といった記事とあわせて、その部分を引用したりすることもできるはずです。

しかし、実際のところはかなりのグレーゾーンであると言ってよいでしょう。

引用には引用する必然性がなければならないとされますが、「必然性」自体曖昧な表現ですし、引用したことで原著作者から訴訟を受けるということは十分に考えられることです。

このあたりは実際に判例を重ねていかないことにはわからないといったところでしょうか。

当ブログでは楽曲サンプルの公開は基本的にしませんが、その理由は公開する「必然性」に欠けると判断したからです。

次の例の場合は引用と言えるのでしょうか?

(例)WEBサイトでCDのジャケット画像を公開し、それに関する記事を書く場合。

この場合、記事の内容が「ジャケット」自体への批評であれば引用と認められるはずです。音楽的なレビューの場合は「必然性」が乏しい為、引用とは認められないでしょう。

いずれにしても、引用であるか否かは、それを確認した元著作者の判断に依存するということです。従って安易な引用は訴訟のリスクがある、ということを理解しておかないといけないでしょう。

つづく
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/22-df908584
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。