スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車の中での音漏れについて

電車の中でイヤフォンから音漏れ。少なくとも一日一回は出くわす。

基本的に僕は電車の中で音楽を聴く習慣がないので、余計に音には敏感なのだが、その度にいくつかの疑問が頭の中を駆け巡り、15分位身悶える(嘘)。

彼(もしくは彼女)は、音漏れしているという事実に気づいているのだろうか?

YESだとしたら、彼(もしくは彼女)は何ゆえ音漏れさせているのだろうか?

①他の人に自分の聴いている音楽をアピールしたいが為?

可能性として有り得る。その場合、彼(もしくは彼女)は音漏れし易い周波数に関してのある程度の知識が在り、例えば歌もののPOPSであればヴォーカルが音漏れし易いこと、あるいはその他の音楽であれば、ハイハットがどの程度のBPMで刻まれているかを以って、第三者が自らの聴いている音楽のジャンルを特定することが可能だろうと考えているのだ。

このパターンについて続けて考察を加えよう。
彼(もしくは彼女)は何ゆえ自分の聴いている音楽をアピールしたいのだろうか?

①-A同じ音楽に興味がある仲間を見つけたい為?

可能性として有り得る。
例えば「あの~。もしかしてあなたは○○のファンでは?」といったリプライを求めて、彼(もしくは彼女)は今日も音を漏らしているのだ。

①-B政治的な活動の一環として?

可能性として有り得る。
彼(もしくは彼女)は自らあるいはその楽曲の製作者やジャンルが世界的に見て迫害を受けていると感じているのだ。そしてマイノリティーであることに自覚しつつもその状況を改善しようとしているのだろう。

こんなところだろうか…。引き続き他の可能性を探ってみよう。

②ある種のサディスト?

可能性として有り得る。その場合、彼(もしくは彼女)は音漏れが発生していればそれで良いのだ。第三者が不快に思えばそれで自らは興奮の坩堝と化し、そして失禁する(ウソ)。

③ある種のマゾヒスト?

可能性として有り得る。その場合、彼(もしくは彼女)は音漏れしていることを第三者から指摘されることで快感を覚える。ディスコミニュケーションの現代と呼ばれて久しいが(ホントか?)、彼(もしくは彼女)はそのような形でしかコミニュケーションを図ることが出来ない、変態であるのだ。

さて、逆にNOだとしたら、彼(もしくは彼女)は何ゆえ音漏れさせているのだろうか?

①どの程度の音量で音が漏れるか把握していない為?

可能性として有り得る。その場合、彼(もしくは彼女)は残念なことにまだまだ経験不足の坊やであるのだ。良識の有る大人は気を利かして彼(もしくは彼女)に音漏れしている事実を伝えてあげよう。きっとナイフで刺されるに違いない。

②耳が不自由な方である。

可能性として有り得る。彼(もしくは彼女)のイヤフォンを取り、大きな声ではきはきと「音漏れしています!」と伝えてあげよう。それ自体が迷惑行為とされることを、決して恐れてはならない。

③残念な方である。

可能性として有り得る。彼(もしくは彼女)の何が残念なのかはあえて触れないでおこう。


…しかし、これだけで可能性のすべてをつぶせたとは思えない。

例えば、音漏れしていない可能性だってあるのだ。

音漏れだと思っていたが、実は自分の幻聴だったというのでは、お母さんもビックリである。

あるいは漏れているのは音ではなかったとしたら…。

それは音ではないとしたら…。

もしかしたらお尻から茶色いものが…(驚愕)

可能性として有り得るのである(ウソ)
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/301-6d568d7b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。