スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成人年齢引き下げ反対!

未成年者の犯罪増加と成人年齢の引き下げを同一視点で語る論調にはうんざりだ。

犯罪は、年齢いくつの者が犯したものであっても、同じ犯罪じゃないのかね。
極論すれば、生まれたばかりの赤ん坊が母親を殺したとしてもそれは犯罪として問うべきだ。

少年法なんて甘っちょろい法律は廃止してしまえ。

これは彼らが「子供ではない」と言っているのではない。

彼らは「子供であるが」、「犯罪は犯罪である」と言っているのだ。

それでは、「大人」とは?20歳を過ぎれば誰でも「大人」なのか?

僕は成人式を迎えたその日に、自分が「大人」であるという実感を持ち得なかった。
しかし、今は十分に「大人である」という自覚がある。

人間誰しも20歳になれば「大人」?

馬鹿げている!

いくつになっても「子供のまま」の「大人」が多いことは、ちょっと考えてみればわかることじゃないか。

ただ親に飯を食わせてもらって、のうのうと20歳まで生きてきたら、はい「大人の仲間入り」ですって?

馬鹿げている!

もういっそのこと「大人」という資格でも作ったらよいのではないか。

そしてその資格を有する者を「大人」として認めればよいのではないか。

世の中見渡す限り「馬鹿な大人」と「危険な子供」で埋め尽くされる前に。
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/347-d1cced9d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。