スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Johnny Griffin - Lonely Girl

出会いと温もりが、冷たい雨の様に鼓動を刻む。

視線のベクトルを右に三十度程傾け、
歴然とした圧力を屈指の覚悟で、拒もうとしたが、
喉を潤したように口をつく別れの言葉に、
彼女は虚しくも、あがらうことができなかった。

・・・二時間か三時間か。

それがどの位であったか、まるで思い出せないほど、
彼女は疲れきっていた。

はるか遠くから祭囃子のように聞えるパトカーのサイレン音。

棘の刺さった風船を膨らませながら、
無為に溶け込んで、いつの間にか眠り込んでしまう毎日。

凍るような冬の風が、割れたガラス窓からするりと指定席に腰掛け、
言った。

「いつもと同じ温度だ。」

そう・・・、いつものことだ。それはわかっている。

何もかも当たりまえのように過ぎてゆき、そして忘れるだけのこと。

・・・でも・・・

「喉がひどく渇きます。」

「仙人掌に水を差し過ぎては枯れてしまう。」

確かに、彼女は感情に己を任せすぎていたし、
またそれでも傷つかないんだという、理由のない自信だけを頼りに、
生きてきたようなものだった。

そう・・・、いつものことだ。

近過ぎて、その影も視えないほどに、いつものことで、
いつもひどく、そしてひどく苛まれる。

音のない空間に、ただ青い光が差し込んでいるから・・・。

彼女はターンテーブルに灯をともして、「いつもの曲」に針を置いた。

カタカタと天井に広がる万華鏡的世界。

意識が遠のいてゆくのを感じた。
Grif N Bags
  • アーチスト: Johnny Griffin
  • 発売元: Rearward
  • レーベル: Rearward
  • スタジオ: Rearward
  • メーカー: Rearward
  • 価格: ¥ 4,018
  • 発売日: 1998/04/27
□アルバム"Grif 'n' Bags"収録
HMVで売ってます
Artist Directでサンプルが聴けます
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/39-24a4bb89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。