スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊 ダイヤモンド 2009年 1/31号 新興市場の断末魔

まだ全部読みきっていないのだけど、これは中々充実した特集。

新興市場にテーマを絞りその阿鼻叫喚を洗い出していく。

特に目をひいたのが、公認会計士の細野裕二氏による新興市場型粉飾決算の解説。
新興市場の下落がリーマン・ショックによる金融危機以前、即ちライブドア・ショックから継続しているものであり、今般上場廃止基準である時価総額を見直したことはそもそもおかしい(なんと見直しをかけなければ昨年末時点で45社も上場基準に抵触している!)といった話から始まるこの記事は、小生には難しい内容ばかりで充分には理解できなかったのだけれど、それでも粉飾決算のあらましを俯瞰することが出来、かなり勉強になった。

新興市場に対する投資家の熱はすっかり冷めているのが現状だろう。
IPO(新規公開株)の数も減少の一途を辿り、上場している企業に対する信頼もない。
せいぜい仕手筋が跳梁跋扈している(昨今も数10%以上値を上げる糞株が賑わっている!)くらいで、かかわらないほうが賢い。

本書内で新興市場再生に関する5つの提言が書かれていたので、最後にそれを転載する。
その1:市場退出ルールを強化せよ
その2:新規上場基準を緩和せよ
その3:取引所の責任を明確化せよ
その4:新興市場は6つも要らない
その5:海外ベンチャー誘致を急げ


去るべきものは悪あがきをせず(投資家にこれ以上の迷惑をかけず)早々に去れ。
そして上場するに足る、投資家を熱くさせる「真の」ベンチャー企業が、今こそ、求められている。
週刊 ダイヤモンド 2009年 1/31号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2009年 1/31号 [雑誌]
  • 発売元: ダイヤモンド社
  • レーベル: ダイヤモンド社
  • スタジオ: ダイヤモンド社
  • メーカー: ダイヤモンド社
  • 価格: ¥ 690
  • 発売日: 2009/01/26

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/404-867a110d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。