スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Warp20 - Recreated

老舗エレクトロニック・ミュージック・レーベルであるWARPの20周年記念アルバム。
過去にリリースされたWARPのアーティストの楽曲を、これまた他のWARPのアーティストが再構築したものである。

これと同時にChosenという記念アルバムもリリースされております。

うーん。20年かー。

僕が最初にWARPレーベルのことを知ったのが、確か1994年頃のことだから、15年前。
あっという間ですなー。

その間、僕の音楽的な嗜好性も変わり、またWARPの音楽的な志向性も変わっていったので、しばらく付き合いがなかったのだけど、今のWARPの音作りってこんな感じなのかーと思った次第です。

レーベルが生き残って行くために色々模索していくのはまぁ当然のことで、でも僕にとってWARPのクラシックはAphex TwinのSAWⅡと、Black DogのBytes。それはずっと変わらない。

実際、WARPのOwnerであるスティーブ・ベケットも、上記2作品をWARPの功績として挙げているくらいだからね。

さて、2枚組のこのアルバム。
個人的にはさらに厳選して1枚に編集すれば良かったのに・・・と思ってしまったのだけど、その中でも気になった曲を数曲取り上げます。

まずPivotのFool In RainのDiamond Watch Wristsによるリコンストラクト・バージョン。

Pivotってのはオーストラリアのエクスペリメンタル・バンドらしく、Diamond Watch Wristsってのは、、、ああ、スコット・ヘレンなのね。知らなかった。

スコット・ヘレンはPrefuse 73やSavath & Savalasとして日本でも有名だよね!

音響~アンビエント、そしてフォークトロニカが好きな人には心地よく聴こえるのではないでしょうか。
ライナーノーツによると原曲はインスト曲らしいのですが、これはボーカルとコーラスが入ってます。

次にJimi TenorのPaint The StarsのHudson Mohawke ft. Wednesday Niteによるリコンストラクト・バージョン。

Hudson Mohawkeは最近話題になってるアーティストでMySpaceはこちら

これもまた、なかなか良い音響に仕上がってます。

CD2枚目に移って、Black DogのBytesから3/4 HeartをMark Pritchardがリコンストラクト。
うーん。おしいね。これをさらにリコンストラクトすればモット良い曲ができそうだ。

後は、Boards Of CanadaのIn A Beautiful Place Out In The CountryのMira Calixによるリコンストラクト、あるいはKaini IndustriesのBibioによるリコンストラクトもなかなか良かった。

さっきも書いたけど、2枚組みってのはボリューム的にも重たいし、申し訳ないが捨て曲もあるので、期待よりちょいとがっかりしたのだけど、でも十分に満足できた作品でした。
Warp20[Recreated](リクリエイテッド)
Warp20[Recreated](リクリエイテッド)
  • アーチスト: オムニバス
  • 発売元: WARP RECORDS / BEAT RECORDS
  • レーベル: WARP RECORDS / BEAT RECORDS
  • スタジオ: WARP RECORDS / BEAT RECORDS
  • メーカー: WARP RECORDS / BEAT RECORDS
  • 価格: ¥ 2,400
  • 発売日: 2009/09/16
  • 売上ランキング: 54379

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/509-e13c5ff0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。