スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cedric Im Brooks - United Africa

セドリック・イム・ブルックスの中でも最も渋いジャケット。
曲ももちろん渋い。

ショコラと並べておくと気絶しそうになる。

このアルバムを含め、Water Lilyからリリースされたアルバム群は、ジャマイカン・ルーツ・インストものを語る上で絶対に欠かすことが出来ないものばかりだ。

















1曲目のSatta Masa Gannaはルーツ・クラシックだが、僕はこれがベストだと思ってる。

2曲目のUnited Africaは、こういうアフリカものの、ある種の軽さが好きな僕には「そうだよねー」とうなずきたくなる大好きな曲。

つーか、参加ミュージシャンがジャマイカン・オール・スターズってな感じで、ベースにはTony Allen, Boris Gardiner!ギターはErnest Ranglin!サックスは本人。トロンボーンはJoe McCormakでしょ。ピアノはHarold Butlerでしょ。ソプラノはDean Fraserじゃないですか。

詳しくはこちらをご参照のこと。

マスト・ジャー!!!!
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/511-ac12b44b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。