スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Osmar Milito & Quarteto Forma - America Latina

記憶を呼び起こすようなピアノのイントロに誘われて、
このノヴェラ(Selva de Pedra)を手にとったのは、今は無き鎌倉のCASINO CLASSICでのことだった。

いつの頃だったか、もう忘れてしまったが、きっと誰かと一緒に行った鎌倉への小旅行だったんだろう。

CASINO CLASSICといえば、代官山のBonjour Recordsの系列店(・・・と、店長が言っていたように記憶している)で、CDを中心とした上品なセレクトと、落ち着いた店内の雰囲気が気に入っており、鎌倉に行く機会があれば、2Fにあるgoateeというカフェとともに、必ずといっていいほど足を運んでいたものだ。

Selva de Pedraは、ブラジルの連続TVドラマで、内容は見たことが無いんだが、
Marcos Valle と兄Pauro Sergio Valle の一連の楽曲が納められているこの盤は、
いつ聞いても、当時の記憶を呼び起こしてくれる、素晴らしいブラジリアン・ソフト・ロックがたくさん収録されている。

いや、正確には記憶そのものではなく、その当時の温度や、空気のような、あるいは染み付いた匂いのようなものが、思い出されるのだ。

いつの頃だったか、もう忘れてしまった。
そう。"当時"といっても、それがいつだったのかは、もう思い出せない。

しかし、きっと素晴らしい一日であったに違いない。

こんなCDを手に入れることができ、それを誰かと共に、聴くことができたんだから。


Soft Tempo Recordsでサンプルが聴けます
□CDは残念ながら廃盤となっています。中古CD屋で見つけたら即買いましょう。
□・・・と思いきやOffice Sambinhaではまだ売っているみたいです。買いましょう。
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/53-0d49543d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。