スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEBサイトでの音楽配信⑤ - まとめ -

前回までの調査で、個人のサイト上で既存の楽曲を一部でも使用することは、かなり困難だということがわかりました。

ポイントを以下にまとめてみます。

JASRACで管理している楽曲はJASRACの許可が必要
JASRACで管理していない楽曲は実際の権利者からの許可が必要
③いずれにしても事前にレコード会社からの許可が必要
④使用に際しては一定の使用料を納める必要がある
⑤ジャケットなどのスキャン画像を使用する場合もレコード会社からの許可が必要

最後に考察。

個人にとっては、JASRACとレコード会社双方を相手にやり取りをしなければならないのは、かなりの負担ですし、JASRACはともかく、レコード会社は個人など相手にしないのではないでしょうか?
(・・・ちょっと調べてみた限り、大手の出版社は専用の窓口を設けているみたいです。ただし、支払う金額がべらぼうに高いですが・・・。)

今後、JASRACへの申請で一元的に楽曲の使用許可がおりるような仕組みが必要になってくると思います。

そうでなければ、システムが複雑かつ金銭的負担が重い為、結局違法な流通を止めることはできないでしょう。

その結果、本来徴収したいはずの使用料を徴収できないのは本末転倒と思います。

ネットワーク社会に適応した簡易なシステムの構築、またそれを適切な料率で運営することが、求められていると思うのですが、如何でしょうか。

おわり
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/7-d18041d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。