スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本大洋 - 竹光侍 (1)

さて、何時の間に出てたんだ?ッて感じで、買っていなかった松本大洋竹光侍ですが、もうすぐ2巻がでるというので、あわてて買いました。

まだ数ページしか読んでませんが、読みづれ~!!

いや、まず絵がかなり変わってます。

ナンバー吾でも片鱗をうかがわせていましたが、完成されてしまった絵柄を壊しにかかっているんですよね。

だから、普通の漫画に読みなれていると、とても読めません。

ましてや、今日はお酒を飲んでしまったので、絶対に読めませんです。。。

なので数ページであきらめましたよ・・・。

さらに漢字が多い!!言葉使いが難しい!!

時代劇なんで当然っていや当然なんですけど、この絵柄でこの内容、容易に読み進められるもんじゃあないです。

なので、お酒が抜けて、がぶりよつでコイツに取り組むことができるときに、じっくりと読んでみることとしました。

それまで評価はおあずけです。

ただ、本人が原作を手がけていないのって、この作品がはじめてなんで、やっぱりそのあたりが微妙に気がかりです。

これ、面白いんかなぁ・・・。っていうのがあって、今まで買ってなかったってのもあるんで・・・。

まぁ、じっくり読みますです。それからじゃないとこれ以上語れないんで。
しばしお待ちを!

竹光侍 1 (1)
竹光侍 1 (1)
  • 発売元: 小学館
  • レーベル: 小学館
  • スタジオ: 小学館
  • メーカー: 小学館
  • 価格: ¥ 900
  • 発売日: 2006/12
  • 売上ランキング: 45128

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/72-7c22f0af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。