スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Herbert - Bodily Functions

年老いた南ロンドンの外科医は、
かつてビクトリア朝内科医のための運動場だったその場所に、
彼の、おそらくは最後の、家を建てた。

家にパネルをはめてゆく作業を延々と続ける作業工たちを脇に見て、
その多くが暗い顔をしていることが気になりはしたものの、
彼はお気に入りの新しいキッチンへと足を運んだ。

キッチンはそれ自体、以前手術台だった鋼の台をそのままの形に残し、
それに適合するようにしてあつらえた物だ。

引かれたばかりの水道の蛇口をひねり、
あらゆる種類のさらさらした音、
あるいはぴしゃぴしゃという音を立てて落ちてゆく水と、
ぱりぱりと砕ける大きな音、・・・おそらくそれは作業工たちのある種のミステイク、の中、
彼は窓を開け手を広げ身体を伸ばした。

太陽の光が放射し、その波長は増大する音を溶かしてゆく・・・。

マシュー・ハーバートは、
ほとんどの人々が隠そうとする肉体機能の雑音から新しいアルバムを作成した。

ダブルベースが不活発に脳を回転させ
高揚する歯痛のなか、骨と皮を打ち投げ下ろし、
指関節に絡みつく髪の毛と、ポスト性交のサンバ・セッションを踊る。

それらの望まれない雑音は、いや、
人を動かさずにはおかないファンク工房から持ち出されたものだ。

そして彼はそれらを、離れわざを用いて(PCCOMに準拠した形で)音楽に変えた。

生まれたばかりの赤ん坊が雑音に縒られて、アルコールに似た不鮮明な発音をするように、
キッチュ・ポップの完全に要約されたキッチンのまわり(・・・そこは既にチェック模様で彩られている)で跳ねる、
反射的ポストjazzbientの傑作を作り出したのだ。

第一にリスナーは、緩いライムの香りと骨格のソニックス、
・・・およびアルバム全体にわたって光るミュージカルのような輝かしい宝石からの豪華な音声を、あるいはシチリア舞踊を、・・・そしてさもなくばトーチソング領域に砕かれたファンクを、見つることになるだろう。

「肉体の機能」はあなたをいらいらさせて、
日常にぴしゃぴしゃという音を立て、それらの音をねじりあげる。

そして光り輝く。
Bodily Functions
Bodily Functions
  • アーチスト: Herbert
  • 発売元: K7
  • レーベル: K7
  • スタジオ: K7
  • メーカー: K7
  • 価格: ¥ 1,989 (18% OFF)
  • 発売日: 2001/06/05
  • 売上ランキング: 13919

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/75-980b76f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。