スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さいとう・たかを - ゴルゴ13 Volume.104

月末の楽しみといえば、SPコミックコンパクト版ゴルゴ13
です。

何巻くらいから買い集めてるのかな~?ともかく、何時の間にかかかさずに買うようになってしまいました。

漫画そのものは、言うまでもなく面白いのですが、巻末に付録としてかかれているコメントがまた秀逸です。

たとえば、今回のコメントだと、こんな感じ。

(中略)いかにすごい超巨大砲とは言え、本当にイラクからアメリカ本土にまで砲弾を浴びせる事ができるものかどうか、真偽のほどは定かではないが、一発の弾丸で誤動作を起こさせ、この計画を阻止してしまうのだから、やっぱりゴルゴはすごい。(中略)

- 第364話 アム・シャラーの砲身 のコメントより -

この話は、イラクが超巨大砲をひそかに作成していることを衛星写真より発見したアメリカが、ゴルゴに依頼してその巨大砲を破壊してもらう、というお話なのですが、やっぱりゴルゴはすごいって、おい!!・・・無茶ですよあんた。いろいろ書いておいて、最後はやっぱりゴルゴはすごいで終わりですか!!ってお~い!!

・・・と、ともかく、やっぱりゴルゴはすごい(笑)!!

どんな局面においても、瞬時のその場の状況を理解し、いかなる障壁があろうとも、変幻自在の弾道で一発でしとめる男、ゴルゴ。

二度の偶然は無い!!」とかいって、それが原因なのか、突き止めるまもなくシュートする男、ゴルゴ。

お、面白すぎる・・・。

やばすぎます。ゴルゴ。みんなも「プロってなんだろう」・・・「俺ってこの仕事のプロって言えるんだろうか」・・・なんて道に迷ったら、ゴルゴを読んで、スカっとしましょう!!

プロとは何か、それがココに描かれてるぅ!!(嘘)

ゴルゴはプロになる条件として言います。
10%の才能と20%の努力… 30%の臆病さ…残る40%は運だろうな・・・

でも彼はプロ、というよりはむしろ無口な変態おじさん(でもいろいろと経験豊富)。

しかし愛すべき変態おじさんなのです。

ゴルゴよ!永遠なれ!!
ゴルゴ13 104 (104)
ゴルゴ13 104 (104)
  • 発売元: リイド社
  • レーベル: リイド社
  • スタジオ: リイド社
  • メーカー: リイド社
  • 価格: ¥ 500
  • 発売日: 2007/05/30
  • 売上ランキング: 1943

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/81-041f11cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。