スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEBサイトでの音楽配信⑦ - SoundExchange -

前回の記事で名前が出てきた「SoundExchange」とは、一体どんな団体なのでしょうか。

・大中小のレコード会社が加盟する音楽ライセンス管理団体「SoundExchange」
・1998年まで遡って年額500ドルを支払う暫定措置

【参考:小規模ネットラジオ事業者から著作権使用料を暫定徴収~米SoundExchange

音楽ライセンス管理団体ということですね。日本と違って、この団体に使用料を支払えば、楽曲の使用許可がでるみたいです。

・HR5469法案が両院可決
・合意に基づいた著作権利用率を採用

【参考:インターネットラジオ局の料率問題が決着へ~法案が米上院で可決

その後の記事を追っていくと、上記のとおり、非営利局で2003年5月31日までに合意に達した場合は、レコード業界側(SoundExchange)との合意に基づいた著作権利用率を納めることで、楽曲を使用できることになったようです。

それでは、それ以降の運営はどうなっているのでしょうか・・・?

つづく
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/9-ab49a601
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。