スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sketch Show - Mars

さて、その細野晴臣高橋幸宏のユニットSketch Showの2ndアルバム、Loopholeの1曲目がこのMars

アルバムの中でも最も好きな曲です。

1stアルバムではまだユニットとしての完成度がいまいちで、コミック・バンドのような雰囲気もかもし出していたのですが、この2ndアルバムから随分とシリアスになり、音響とポップ・ミュージックの境界線上に位置するような良質の音楽を聴かせてくれるようになりました。

もっとも、コアな音響ファンからすると、ヴォーカルの処理や音量、またそもそもヴォーカルが入ることに対する違和感を感じるところもあるでしょう。

このMarsにしても、ヴォーカルなしのインストルメンタル・トラックであったなら、もっとよい曲に感じたかもしれません。

しかし純粋な音響が聴きたければ、他のアーティストの曲を聴けばいいわけですし、逆にそれらの音楽を作っているアーティストには作れないメロディアスなトラックは、一聴して細野氏のものとわかる、心に響くものであり、このユニットの魅力の一つとも言えます。

アルバムと前後してコーネリアスとRemixのやり取りや楽曲への参加などのコラボが行われていました。奇しくもその後に坂本龍一が自身のアルバムに小山田圭吾の参加を要請したり、その後の氏の楽曲が音響よりのものとなっていった(例えばアルバ・ノトとのコラボなど)ことを考えると、現在も三者三様の活動をしているとはいえ、それぞれによい意味で影響を与え合っているのだなぁと感じます。

そういえば、ある雑誌にて坂本龍一細野晴臣のことを"天才"として評価していました。逆に坂本龍一自身は自他共に認める勉強家ですからいわゆる"天才"ではなく"秀才"ということになるのでしょうか。

いずれにしても細野氏が、日本が世界に誇れるアーティストとして3本の指に入るのは間違いのない事実でしょう(他の2人は・・・そうだなぁ・・・ヤン富田とあと一人は未来の為に空欄にしておきましょうか)。

今後も最先端の音楽を取り込んで、良質のポップ・ミュージックに昇華していってくれるはずです。

Sketch Showとしての次のアルバムが待ちどおしいですが、最近活動の情報がないので、別のことに興味をもってしまっているのかしら?

今はどんな音楽を好んで聴いているんですかねぇ?それもそれで興味があります。
LOOPHOLE
LOOPHOLE
  • アーチスト: SKETCH SHOW
  • 発売元: カッティング・エッジ
  • レーベル: カッティング・エッジ
  • スタジオ: カッティング・エッジ
  • メーカー: カッティング・エッジ
  • 価格: ¥ 2,905 (5% OFF)
  • 発売日: 2003/11/27
  • 売上ランキング: 6807

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://atomico.blog72.fc2.com/tb.php/97-bcbfac4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。