スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東雲暮らし

引っ越してから一ヶ月。

オーダーしたけどまだ届いていない家具やら、これから欲しいものやらあるのだけど、ようやくある程度気持ちよく生活できる空間と、その中での暮らしリズムが整ってきた。

しかし内見せずに(住居人がいたため)借りてしまったので、予想以上の部屋の狭さにはあれっ?って思ったけど。。。

ベランダからは葛西臨海公園の「ダイヤと花の大観覧車」が見えるのだけど、その手前に高層マンションを建設中で、近いうちに見えなくなりそうで残念。

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

Roman Andren - Juanita

ロマン・アンドレンは僕と同い年、つまり今年33歳のスウェーデン人である。

全く何の予備知識も無く最初に彼の音楽を聴いたときには、その音楽性と「音」それ自体に驚愕した。

「え?70年代のリイシューではないの?・・・これって新譜?」

そして彼の年齢を知るにつけ、二度びっくりしたもんである。

とにかく、「北欧ブラジリアン」というキーワードにピンときてしまうあなた、あるいはマルコス・ヴァリやエウミール・デオダートといった「フェンダー使い達」の音楽が好きなあなたには、是非とも一聴いただきたい作品だ。

新譜なんて、、、って思ってたら、いつの間にか素晴らしいアーティストが出てきていて、本当にうれしいかぎりです。
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!


小沢健二と坂本龍一と鳩山由紀夫

だって社会の中にある『普通』を避けたいならば、その『普通』に目を配っていなければならない。

小沢健二ひふみよより

これはファッションについて言及した一説なんだけど、小沢健二は良くも悪くも秀才なのだなーと思ったところです。

同様に坂本龍一もまた、音楽について「既存の作曲理論を理解した上でそれを破壊する」(大意)ということに触れていて、やはり秀才、つまり努力の人であることをうかがわせています。

何を言いたいかって言うと、それは、世の中には天才や鬼才という人たちは確かにいて、秀才は(わりと容易に)一般大衆に受け入れられるものだけれど、前者はそうではなく、生きている間は全く評価されず、相手にもされなかったりする。

・・・評価?それすら、俗世間の産物なわけで、天才や鬼才には意味がないものか。
いや、そのようなこと、気にもしないわけだよな。

概念が無いことすらありえる。

生きていく以上、俗世間との関係はゼロには出来ず、生まれる様々な軋轢の中で、悩みもがき、苦しんで、死ぬようなこともあるか。

いや、それで死ぬくらいなら、吹っ切れ具合が足りなくって、天才の成りかけみたいなものかしら。

うん、ごめん。何を言いたいのか、書くよ。

それは。

もう、天才か鬼才かにしか、興味がないってことだ。
面白くないの。全然。

秀才の言うことは至極もっとも。当たり前すぎる。

秀才以下につき、何をどうしてそうなった(そう言っている)のか、容易に想像できる人間には興味がわかない。

馬鹿はその群における最下層に属する産物であり、関わる気すら起きない。

一般的に病人や廃人といわれている存在の方がよっぽど興味がわく。

犯罪者でもいいよ。

犯罪者を擁護する気持ちは全く無いので誤解がないようにいただきたいが、近頃の犯罪ときたら、レベルが実に低い。

全く以ってつまらない。

先生が生徒に手を出した(性的犯罪)とか、そんなの、全然俗世間の産物で、吹っ切れていれば、先生が生徒と自家製宇宙船を建造。宇宙に旅立とうとするところ、墜落して、鳩山由紀夫の脳内に不時着した、・・・位の犯罪を犯してくれなければ面白くないよね。

PS.ブログの更新が滞っているのも、そんなことが影響しているかもしれない。ね。
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

ポチっと押していってほしいとかいう、気分でなくなっているんだよなー。。。

Namaz - 300 M.P.H

Kitty Winter、あるいはジャーマン・ブラジリアン・フュージョン好きなら悶絶ものの1枚。

ほぇぇ。。。たまらん!!

全曲、たまらん!!!!

マストォオxxxxxxxxxxxx!!!!!!!!!
300 M.P.H
300 M.P.H
  • アーチスト: ナマズ
  • 発売元: インディーズ・メーカー
  • レーベル: インディーズ・メーカー
  • スタジオ: インディーズ・メーカー
  • メーカー: インディーズ・メーカー
  • 価格: ¥ 2,494 (5% OFF)
  • 発売日: 2008/07/07
  • 売上ランキング: 357688

<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

祝日改正法案 - 地域でGWが1週間ずれる?大型連休分散に法改正検討

ソースは産経新聞

以下、リンク先から一部を引用。

観光が集中する5月の大型連休の分散化を図ろうと、地域ごとに異なる時期に大型連休を取得する「祝日法改正案」が、今国会にも提出されることになった。憲法記念日など記念日自体は変えないが「◯◯地方は5月第2週に取得」などと定めて、その地方では最低限、官公庁や公立学校は休みになる仕組み。混雑緩和で観光需要を喚起する狙いがある。政府は「休日革命になる」と意気込む。


あきれてモノもいえねーわ。

これって誰得?

最低限、適用範囲が官公庁云々言っているけどさ、そもそっも無理な話だよなってわかってての戯言だよな?

顧客(銀行とか)がこれノんだら、保守やってるシステム屋は死亡だね。

それともシステムは変えずに運用するつもりか?

「東海地方はGWではありませんが、関東地方はGW中ですのでATMは使えません」とか(笑)

民主党員は首つって死にたまえ。二度と生まれてくるなっ。ぼけっ!!
<<==このブログの応援に、ポチッと押していってください!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。